« 心の哲学の始まり | トップページ | 廣松哲学の主要論文に触れて »

2016年9月14日

ジャズ喫茶

ジャズ喫茶という店があることをご存知だろうか。ここは普通の喫茶店やカフェとは違う。一般的な喫茶店でもジャズはかかるが、ジャズ喫茶は独特。

ジャズ喫茶とは、店にあるジャズのレコードやCDの手持ちのアルバムを高級なオーディオでかける店。ジャズをいい音で聴かせる店。だから、今かかっているアルバムのジャケットも見ることができ、アルバムのリクエストもできる。また、じっくり聞いて氣に入ったジャズがあれば、ジャケットを見せてもらってメモをし、後日目当てのアルバムを買うこともできる。たいがいのジャズ喫茶はアルバム1枚につき20分ほどかける。レコードの片面が20分のため。普通の喫茶店ではユーセンを使いその店の人はアルバムの選曲をしない。一方、ジャズ喫茶では店の人が自分でアルバムを選んでかける。なので、店の人は来た客の雰囲氣に合わせて選曲する。その選曲で店の人の実力が問われる。

そのため、ジャズ喫茶では沈黙の会話がある。
(このアルバムでどうだ。)
(いや、面白くない。)
(では、これでは。)
(いいね。)
無言で店の人の選曲と客の態度だけで会話を交わす。これはジャズ喫茶ならでは。この無言の会話が楽しめるようになったら、店の人に認められたことになる。

ジャズ喫茶でも店によっては、昼はコーヒーを出し、夜は酒を出すところもある。

ユーセンのジャズをかける一般的な喫茶店しか知らない人は、ジャズ喫茶に通っていくうちにジャズにも様々なジャズがあることを知り、驚くことだろう。

ところで、ジャズ発祥の地アメリカでは、ジャズの店といえばライブをするところが多いと聞く。日本のジャズ喫茶のように手持ちのアルバムを高級なオーディオでかける店は独特のようだ。ジャズはアメリカの音楽だが、ジャズ喫茶は日本の文化だと思う。アルバムを大切にし、機械に凝るのだから。商売道具だから、大切にするのは当たり前かもしれないが、店の人のアルバムへの、ジャズへの思い入れの強さは半端ではない。店のマスターはぶっきらぼうで恐い人かもしれない。それでも、真剣にジャズを聴き続けていくうちに、マスターから声をかけられるかもしれない。
「コーヒー、おかわり、どうだい?」
そんな親しみの言葉をかけてくれたら、奥深いジャズの世界に案内してくれるだろう。

一度、ジャズ喫茶の扉を開けてくれることを願っている。

« 心の哲学の始まり | トップページ | 廣松哲学の主要論文に触れて »

Jazz」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 心の哲学の始まり | トップページ | 廣松哲学の主要論文に触れて »

2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ