« 2016年3月 | トップページ | 2016年9月 »

2016年8月

2016年8月21日

氣づきと発見の数学史

(森田真生『数学する身体』新潮社 2015年)

森田氏の処女作。文学的で哲学的な書名。本書で数式はほぼ出てこない。これは「氣づきと発見の数学史」だと思った。他分野の研究成果も盛り込まれていて、面白く読んだ。

多岐にわたる数学の歴史に一本の水脈を通す。人類はいかに数字を数えてきたかから始まり、哲学と密接に関わったギリシア数学の論証、アラビア・イスラム世界で育まれた計算が近代に入り西欧で定着、そして、チューリングの機械と岡潔の情緒に辿り着く。

森田独特の着眼点から氣づきも得た。

本書の地下水脈は「自然の中での人の心とは何か」だと思う。
数学者・岡潔の思想は「情緒」にあるという。彼は数学の論理の世界に身を置きながら、心を大切にしてきた。それは脳内に収まり切れるものではなく、もっと大きな何かであると。それが情緒であるようだ。

森田氏の今後の活躍に期待する。

2016年8月14日

日本で初めての哲学者

(西田幾多郎『(旧版)西田幾多郎全集〈第6巻〉無の自覚的限定』岩波書店 1965年)

西田幾多郎独自の抽象化がされていて難しかった。
本書はノエシス/ノエマがよく出てきた。自分は、このフッサールの対概念は意識の志向作用として扱われていて、ノエシスはその要素、ノエマはその意味であり、西田はその志向作用の次元を超えて、それらを使用している、と『岩波 哲学・思想事典』から受け止めた。
西田はこの執筆当時(昭和7年、1932年)からフッサールの現象学に注目し、この対概念をそしゃくし、自分のものとして使いこなしているのは、先見の明があると同時に、それを吸収した上で独自の解釈で使っている。その解釈の意味は一読しただけでは捉えることができなかった。

西田の書き方の特徴の一つとして、生と死、ノエシスとノエマなど、対称で際立たせている書き方がよく見られた。
彼の時間論も出てくる。例えば、「時は一瞬一瞬に消え、一瞬一瞬に生れるといってよい。非連続の連続として時というものが考えられるのである」(342頁)。このくだりは面白く読んだ。ここから、「いつも今が新しい」という一期一会、この氣づきを得た。

最後に、西田の研究者の方から教わった彼の重要な書を記す。

1.『善の研究』(処女作。初期哲学。)
2.『働くものから見るものへ』(特に論文「場所」。西田固有の場所の考えの確立。中期哲学の開始。)
3.『無の自覚的限定』(後期哲学で重要になる考えが初めて展開される。)
4.『哲学の根本問題 続編』(世界から見るという立場が確立される。後期哲学の開始。)

« 2016年3月 | トップページ | 2016年9月 »

2018年3月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ