2016年12月 8日

私の哲学入門

 普段生活をしていて、ふと、「なぜ」あるいは「これは何だろう」と思うことはないだろうか。

 友人と話していて、なぜここで笑うのか、どうしてそういう態度を取るのか。誰しもそんな疑問を感じることがあるだろう。それが哲学になる。そう、哲学は日常生活の床下に潜んでいる。それは広くて、深い。難しい専門用語を並び立てる哲学も確かにある。だが、哲学はそれに限ったことではない。それは日常に寄り添っている。むしろ、専門用語を使う哲学も元々は日常経験から始まる。その経験を土台にしないと、その哲学に説得力は出ない。「迫るもの」や面白さに欠ける。哲学も学問である以上、論理が通らなければならない。全くの他人にも理解できるように言葉を置かなくてはならない。
 迫力のある哲学論文は、自分の体験を踏まえた上で抽象化されている。それが自分だから書ける独創的な論文になると思う。だから、他人が読んでも迫力が伝わる。論文だから論理の世界だが、それでも優れた論文は読む者の心を打つ。理性と感覚がバランス良く溶け合った結晶。読み手によって、共感もあれば、反発もある。一見理解し難いが、なんとか理解したいと好奇心をかき立てられるものもある。「分からないけど、分かりたい」。そう思わせたら、上出来だろう。

 哲学によくあることの一つに「似て非なるもの」の違いがある。
 例えば「こだわり」と「吟味」。これらは同じような意味だと思うかもしれない。だが、こだわりは、下らないことに拘ること。吟味は、よく練られた意味で使われる。似ているようで、全くの別物。
 これは真理にそのような特徴が一つにはあるためと思われる。
 真理は多面体。それは様々な側面を見せる。これも本当なら、あれも本当。だが、厳として受け付けないものもある。それは正しくないこと。間違ったことは真理とは言えない。ところが、真理と間違いは表面上よく似ている。だから、しっかりと見極めなければならない。正しい行いをすると、面白いように事が上手く運ぶ。一方、間違った行いをすると、事が思うようにはかどらず、苦しむ。間違うなとは言わない。誰でも間違うことがあるからだ。なので、いかにその間違いに氣づくかにかかっている。真理は多面体だが、多面体から外れた間違った道もある。後者の外道はつらく、苦しい。前者の真理は快く安定している。身体の感覚が真理を判別する。「そうだ、これが調子のいい時の感覚だ」。理性、感性、身体、真理。真理と間違いは「似て非なるもの」。
 試行錯誤を繰り返しながら、日常生活に真理が見え隠れする。真理という光の大海に包まれているときは、この上のない幸せを感じることだろう。


─────────

【参考図書(入門書)】

⒈ 山本信『哲学の基礎』北樹出版
(これは比較的読みやすい文章で、哲学の全体像がつかめます。教科書的ですが入門書に最適です。)

⒉ 熊野純彦『西洋哲学史』(全2冊。「古代から中世へ」と「近代から現代へ」。)岩波新書
(この著者は今勢いがあります。本書は哲学書の原典の日本語訳も引用されていて、その本文はこの引用文と遜色のない文体です。なので、こちらは歯応えがあると思います。「近代から現代へ」だけでもいいかもしれません。)

*哲学事典
『岩波 哲学・思想事典』岩波書店
(哲学を趣味とする人から、その研究者まで。哲学の概念史を押さえることができます。こればかりやると氣が狂うので、自分は『大辞林』と合わせて読んでいます。大抵の大学図書館にあります。)

2016年11月27日

自然の中の心身の氣

(藤平信一『心と身体のパフォーマンスを最大化する 「氣」の力』ワニブックスPLUS新書、2016年)

 本書は合気道という武道の一つの流派、心身統一合氣道で捉える「氣」の概念を具体例を交えて分かりやすく解説している。この氣を通して、幅広い読者に役立てて頂けるようにと、藤平信一は誠実に語りかける。著者は心身統一合氣道の会長。日本から始まったこの流派の合氣道は、現在世界24カ国で3万人ほどが学んでいる。
 ここでの「氣」は、超能力や超常現象のような特別なものではなく、誰もが持っていて、誰もが活用できるもの。人間は大自然の一部であり、自然と人間が氣でつながっている状態、「氣が通っている」のが本来あるべき姿。氣は生きる力そのものであり、生命力である。この氣の性質を海の中で水を手で囲っているようなものと説く。手の内側にある水は自分の水と言っても良いかもしれない。しかし、実際には海の水である。海水のごく一部を自分の手で囲っているに過ぎない。もし誰かが手にした水を自分の水だと捉えて、手の内と外で水の行き来をできなくすると、手の中の水は次第に淀んでしまう。これに対して、これは海の水を手で囲っているに過ぎないと捉え、水の行き来を保っていれば、手の中の水が悪くなることはない。「氣」もまた同じとの事。大自然の氣を私という存在で囲っているに過ぎない。氣が通っている状態を元氣といい、氣が滞っている状態を病氣という。
 この氣を通して、どう日常生活に活かすか、どう人間関係を豊かにするか、そして、夜眠れないなどの心と身体の関係の悩みをどう解決するかを具体的に解説する。また、彼は宗教、現代医学、心理学も認めている。人柄は寛容で懐が広い。
 日本の「氣」と中国の「気」の違いにも触れつつ、日本で生まれた氣が世界に発信している証として、アメリカの野球、メジャーリーグのドジャースで指導したいきさつを語る。
 そして、どの分野でも、実力を蓄えたことを前提として、大事な場面で実力を存分に発揮する方法がこれまであまり教育されていなかったという。その方法を鍛えるのが大切だと説く。

 自分は、面白く読んだ。氣づきも多く得た。折を見てまた読み返したい。
 本書を読んで、心ばかりに重点を置くのでもなく、身体だけに囚われるのでもなく、心と身体双方をバランス良く養うのが大切だと改めて知った。また、何か一つのことを習得するには、知識を得るだけでは不十分で、無意識に身体が反応するくらい訓練するのが重要だと知る。やはり、日々の積み重ねは疎かにできない。

2016年11月18日

廣松哲学の主要論文に触れて

(『廣松渉哲学論集』熊野純彦編、平凡社ライブラリー、2009年)

 廣松渉は大森荘蔵と並んで戦後日本の二大哲学者。
 本書は廣松哲学の入門用として熊野純彦が編んだ。廣松の主要論文が6篇載っている。彼はマルクス主義者だったが、これらが書かれた頃になると廣松哲学と呼べるほどの独自の哲学を論じている。量子力学や相対性理論もその哲学に取り入れている。だが、数式は少ない。それでも物理の素養もあることをうかがわせる。ちなみに、彼の文体は難しい漢字の訓読みが結構出てくる。これで読み手に負荷をかける。それ以上に内容が抽象化されている。一読しただけでは理解できない。もちろん、理解できる部分はある。だが、その論文全体の真意を理解するには並大抵のことではない。ただ、本書を読んでいて、その明晰な思考の流れを泳ぐ心地良さをときに感じた。これは名のあるどの哲学者にも言えることなのかもしれない。
 ある論文では、まれに「!」を使い熱いところを見せている部分もあった。まだ若い頃にそれが書かれたのかもしれない。また、ある論考では大森荘蔵が出てきたこともあった。攻撃的な批判ではなく、敬意を込めて、彼と自分の考えは違うことを語っていた。同時代を生きた彼らはきっと互いを意識していたのだろう。
 文中、たびたびドイツ語が出てきた。哲学者にはフランス語やドイツ語が使える人が多い。彼はドイツ語が使えたようだ。廣松が影響を受けたマルクスがドイツ人のためだと思われる。

 本書は廣松の論文がそのまま掲載されている。だから、廣松の思考を身を持って感じることができる。廣松と直に向き合うことができる。彼の思想を理解するのは一筋縄ではいかなくても、彼の生の声を感じることができる。その人となりも少しは感じることができるかもしれない。その論考に苦しみ、ときに睡魔が襲い、そして、夢中で読める幸せな時間を過ごすことができる。それが一次文献に当たる醍醐味だと思う。

2016年9月14日

ジャズ喫茶

ジャズ喫茶という店があることをご存知だろうか。ここは普通の喫茶店やカフェとは違う。一般的な喫茶店でもジャズはかかるが、ジャズ喫茶は独特。

ジャズ喫茶とは、店にあるジャズのレコードやCDの手持ちのアルバムを高級なオーディオでかける店。ジャズをいい音で聴かせる店。だから、今かかっているアルバムのジャケットも見ることができ、アルバムのリクエストもできる。また、じっくり聞いて氣に入ったジャズがあれば、ジャケットを見せてもらってメモをし、後日目当てのアルバムを買うこともできる。たいがいのジャズ喫茶はアルバム1枚につき20分ほどかける。レコードの片面が20分のため。普通の喫茶店ではユーセンを使いその店の人はアルバムの選曲をしない。一方、ジャズ喫茶では店の人が自分でアルバムを選んでかける。なので、店の人は来た客の雰囲氣に合わせて選曲する。その選曲で店の人の実力が問われる。

そのため、ジャズ喫茶では沈黙の会話がある。
(このアルバムでどうだ。)
(いや、面白くない。)
(では、これでは。)
(いいね。)
無言で店の人の選曲と客の態度だけで会話を交わす。これはジャズ喫茶ならでは。この無言の会話が楽しめるようになったら、店の人に認められたことになる。

ジャズ喫茶でも店によっては、昼はコーヒーを出し、夜は酒を出すところもある。

ユーセンのジャズをかける一般的な喫茶店しか知らない人は、ジャズ喫茶に通っていくうちにジャズにも様々なジャズがあることを知り、驚くことだろう。

ところで、ジャズ発祥の地アメリカでは、ジャズの店といえばライブをするところが多いと聞く。日本のジャズ喫茶のように手持ちのアルバムを高級なオーディオでかける店は独特のようだ。ジャズはアメリカの音楽だが、ジャズ喫茶は日本の文化だと思う。アルバムを大切にし、機械に凝るのだから。商売道具だから、大切にするのは当たり前かもしれないが、店の人のアルバムへの、ジャズへの思い入れの強さは半端ではない。店のマスターはぶっきらぼうで恐い人かもしれない。それでも、真剣にジャズを聴き続けていくうちに、マスターから声をかけられるかもしれない。
「コーヒー、おかわり、どうだい?」
そんな親しみの言葉をかけてくれたら、奥深いジャズの世界に案内してくれるだろう。

一度、ジャズ喫茶の扉を開けてくれることを願っている。

2016年9月12日

心の哲学の始まり

(アリストテレス『心とは何か』桑子敏雄訳、講談社学術文庫、1999年)

アリストテレス(紀元前384ー322年)は古代ギリシアの哲学者。心を哲学的に論じた史上初めての書物。近代の心理学とは趣きが違う。実験を示した考察ではない。本書はこれ以前の学説を総合的に検証し、批判し、独自の考えを繰り広げる。

心は、すべての生物が生きていると言われるとき、その原因とされるものである。そのような原因としては、栄養摂取能力、感覚能力、運動能力、思考能力がある。本書ではこれらが生物の身体との関係で把握される。原因を求めるアリストテレスの特徴が反映されている。人間だけでなく、彼は生物全般を視野に入れている。

訳者は本書を『心とは何か』と訳しているが、これは独自の訳で、一般には『霊魂論』や『魂について』などと訳されている。ギリシア語の「プシューケー(psyche)」を訳者が「魂」ではなく、「心」と訳したのにはわけがある。魂には、肉体から独立したものという意味がある。しかし、アリストテレスのこの議論では、プシューケーが身体から独立して存在するということを前提にしておらず、これは身体から独立かどうかという問いを立ててもいない。アリストテレスは、プシューケーが身体から独立した存在であることを否定している。そのため、訳者はプシューケーを魂ではなく、心と訳した。他にも、「終局態(エンテレケイア)」、「実現態(エネルゲイア)」、「可能態(デュナミス)」とアリストテレスの重要な用語にも独自の訳を施している。

分かりやすく訳していても難しかった。ただでさえ哲学自体が簡単に理解できるものではないのに、ましてここで扱うテーマは心。はるか昔から現代に至るまで謎の多いこの心。誰にでもあって一番身近な心でありながら、一番分からないものかもしれない。その心を正面から向き合ったアリストテレス。彼は生物学者の側面を持つので、フィールドワークを重視し、そこから得た考えが、心と身体は元々一つであること、そして「心は身体を動かす」(38頁)という主張に至った。それは生物学者としての豊富な観察などの体験から得た考え。

そして、最終的な結論は、触覚が生きていく上で一番欠かせないものであり、その他の感覚はより良く生きるためにあるものと説く。

2016年8月21日

氣づきと発見の数学史

(森田真生『数学する身体』新潮社 2015年)

森田氏の処女作。文学的で哲学的な書名。本書で数式はほぼ出てこない。これは「氣づきと発見の数学史」だと思った。他分野の研究成果も盛り込まれていて、面白く読んだ。

多岐にわたる数学の歴史に一本の水脈を通す。人類はいかに数字を数えてきたかから始まり、哲学と密接に関わったギリシア数学の論証、アラビア・イスラム世界で育まれた計算が近代に入り西欧で定着、そして、チューリングの機械と岡潔の情緒に辿り着く。

森田独特の着眼点から氣づきも得た。

本書の地下水脈は「自然の中での人の心とは何か」だと思う。
数学者・岡潔の思想は「情緒」にあるという。彼は数学の論理の世界に身を置きながら、心を大切にしてきた。それは脳内に収まり切れるものではなく、もっと大きな何かであると。それが情緒であるようだ。

森田氏の今後の活躍に期待する。

2016年8月14日

日本で初めての哲学者

(西田幾多郎『(旧版)西田幾多郎全集〈第6巻〉無の自覚的限定』岩波書店 1965年)

西田幾多郎独自の抽象化がされていて難しかった。
本書はノエシス/ノエマがよく出てきた。自分は、このフッサールの対概念は意識の志向作用として扱われていて、ノエシスはその要素、ノエマはその意味であり、西田はその志向作用の次元を超えて、それらを使用している、と『岩波 哲学・思想事典』から受け止めた。
西田はこの執筆当時(昭和7年、1932年)からフッサールの現象学に注目し、この対概念をそしゃくし、自分のものとして使いこなしているのは、先見の明があると同時に、それを吸収した上で独自の解釈で使っている。その解釈の意味は一読しただけでは捉えることができなかった。

西田の書き方の特徴の一つとして、生と死、ノエシスとノエマなど、対称で際立たせている書き方がよく見られた。
彼の時間論も出てくる。例えば、「時は一瞬一瞬に消え、一瞬一瞬に生れるといってよい。非連続の連続として時というものが考えられるのである」(342頁)。このくだりは面白く読んだ。ここから、「いつも今が新しい」という一期一会、この氣づきを得た。

最後に、西田の研究者の方から教わった彼の重要な書を記す。

1.『善の研究』(処女作。初期哲学。)
2.『働くものから見るものへ』(特に論文「場所」。西田固有の場所の考えの確立。中期哲学の開始。)
3.『無の自覚的限定』(後期哲学で重要になる考えが初めて展開される。)
4.『哲学の根本問題 続編』(世界から見るという立場が確立される。後期哲学の開始。)

2016年3月25日

ジャズ同好会「Bird」第12回 プレイリスト

同好会「ジャズを聞く会」(ジャズ喫茶「Bird」)

① Booker Little (tp) "Booker Little" 1960

Image


② Marion Brown (as) "Porto Novo" 1968

Image_2


③ Gerry Mulligan (bs, p) "Night Lights" 1963

Image_3


④ Roland Kirk (ts etc.) "Volunteered Slavery" 1969

Image_4


⑤ John Coltrane (ts) "Live in Japan" 1966

Image_5


⑥ Michel Sardaby (p) "Night Cap" 1970

Image_6


【今日の一言】今までありがとうございました。協力してくれた皆さんに感謝します。

2016年3月17日

ジャズ同好会「Bird」第11回 プレイリスト

同好会「ジャズを聞く会」(ジャズ喫茶「Bird」)

① Wes Montgomery (g) "Solitude" 1965

Image


② John Coltrane (ts) "Selflessness" 1963

Image_2
(K.H.さんのリクエスト)

③ Bill Evans (p) "You must believe in Spring" 1977

Image_3


④ Lee Morgan (tp) "Lee Morgan vol.3" 1957

Image_4
(Y.H.さんのリクエスト)


⑤ Curtis Fuller (tb) "The Opener" 1957

Image_5


⑥ Bill Crow (b) "From birdland to broadway" 1995

Image_6


2016年3月10日

ジャズ同好会「Bird」第10回 プレイリスト

同好会「ジャズを聞く会」(ジャズ喫茶「Bird」)

① Charlie Rouse (ts) "Yeah!" 1960

Image_2


② Charlie Parker (as) "Jazz at Massey Hall" 1953

Image_3


③ Charles Mingus (b) "Mingus at Carnegie Hall" 1974

Image_4


④ 日野皓正 (tp) "City Conection" 1979
(M.M.さんの持ち込み)


⑤ Jan Huydts (p) "Trio Conception" 1963

Image_5


【今日の一言】今回は総てLPレコードをかけました。提供されている場所から、手軽なレコードプレイヤーをお借りしました。ありがとうございました。

«ジャズ同好会「Bird」第9回 プレイリスト

2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ